マグロ解体ショー【全国鮪解体師協会】まぐろ解体師の資格取得

previous arrow
next arrow
Slider

新着情報information

  • 新着情報

    2020.06.01

    新型コロナウイルス感染症対応・安全対策ガイドライン

    新型コロナウイルス感染症対応・安全対策ガイドライン

     

    【1】本ガイドラインの目的

    ・感染を最大限防ぎながら、JADT公認マグロ解体ショーを開催する

    ・国民や地域、企業の活力に貢献する

    ・マグロ解体師認定者、会員企業の事業継続を実現する

    ・感染リスクを下げるために関係者が遵守すべき基準を示す

    ※本ガイドラインは、専門的見地からの監修の下、JADT理事会の審議、決議によって制定

    【2】本ガイドラインの範囲

    ①:衛生基準と感染予防、感染への対処

    ②:作業フローと統一検査

    ③:情報開示

    ④:付属規定

    【3】本ガイドラインの運用状況

    ①②③は2020 年 6 月下旬から運用開始

    ④は2020年7月のJADT理事会で審議、決議される

    ①②実施概要

    ・マグロ解体師認定者の検温※37.5度以内であることを確認

    ・マグロ解体師認定者の新型コロナ抗原抗体検査の実施

    ※CE認証を取得している抗体検査キットを使用2019-nCoV

    (IgMとIgGの両方を測定)

    ・フェイスシールドを着用した対応

    ・マグロ解体ショー開催スペースの換気、及び接触部分の消毒

    ・ソーシャルディスタンス確保※最低1m間隔(極力2m)を保つ

  • お知らせ

    2020.02.22

    2020年マグロ解体師講習・検定試験の中止のご案内

    新型コロナウイルス感染症の推移・現状を踏まえて慎重に検討を進めた結果、今年度のマグロ解体師講習、検定試験の開催は困難と判断致しました。申し込みをいただいている受講生の皆様には個別にご連絡を差し上げていますが、行き違いがありましたらご連絡ください。なお、2021年のスケジュールについては、改めてホームページ等で発表させていただきます。大変ご迷惑をおかけしますが何卒ご理解いただきたくお願い申し上げます。

  • 制 度

    2019.12.01

    マグロ解体師有資格者のご紹介

    マグロ解体師有資格者のご紹介ページはこちらをご覧ください。

新着情報一覧はこちら

マンガで分かるマグロ解体ショー

和鮪認証制度Japanese Tuna

マグロは、日本の食文化になくてはならない水産資源であり、観光資源でもあります。その大切なマグロ資源の持続可能性を保ち、消費者に安心・安全でおいしいマグロを適正価格でお届けするための制度が「和鮪マーク「Japanese Tuna」認証制度です。

QCマーク制度Quality Control

QCマーク「Quality Control」制度は、JADTによって品質認証されたマグロを使用し、その流通過程においてJADTが定める一定の基準(衛生管理、設備環境)を満たした事業者を認証する制度です。

マグロ解体師検定認定制度

日本の代表的な水産物である「マグロ」について、その歴史、産地特性分類と生態等について必要な知識と技能を身に着け、口上と合わせて専用のマグロ包丁を使い、日本文化を五感の演出に加えながら伝えることができるマグロ解体師に与えられる資格認定制度です。

マグロ寿司職人検定認定制度

今や世界に誇る日本の「寿司」、その中でも特に人気の高いマグロをメイン素材とした寿司バリエーションをマグロの解体と共に提供できるマグロ寿司職人に与えられる資格認定制度です。